中間市観光案内 | なかまっぷ ロゴ 中間市の歴史文化 中間市の史跡・名所 中間市内のカフェ、お食事処、ショップ情報 なかまフットパスについて 中間市の世界遺産について 中間市観光案内のトップページに戻る
なかまっぷLOGO メインメニュー
Nakama footpath Foot path curse in japan
言語選擇HOME 日本語 English Korea 簡體字 繁體字

福岡県立中間高等学校の生徒と中間市観光ガイドが
協同で作成したコースで中間市の北側の地域を歩きます。







福岡県立中間高等学校の生徒と中間市観光ガイドが協同で作成したコースで、中間市の北側の地域を歩きます。 神社やお寺を巡ったり、黒田藩主・黒田長政の命で造られた遠賀堀川の流れを眺めたり、中間の歴史に触れながらのんびり歩いてみませんか。



1. 働く婦人の家

一級河川遠賀川のすぐ近くに建てられた、会議室やアリーナを備えた施設。隣には中間小学校があります。

※ 日曜日は休館です。


2. 屋島公園 やしまこうえん

滑り台や木製アスレチックなどを組み合わせた大型遊具が特徴的な公園。広々とした空間で、週末は家族連れで賑わいます。


3. 伏越 ふせこし

黒田長政の命で造られた堀川と、曲川が交差する地点。曲川の上を堀川が通っていました。昭和61年(1986)に閉鎖されていますが、今も当時の面影が残っています。


4. 恩光寺 おんこうじ

もともとは正覚寺という禅宗の寺でしたが、恩光寺が檀家一切を受け継ぎました。その後、浄土真宗として改宗され現在に受け継がれています。


5. 岩瀬西町一区公民館

須賀神社のふもとにある公民館。イベント時には休憩の場として利用します。


6. 須賀神社

昔は「岩瀬のお祇園さん」と呼ばれていた神社。ここに置かれている古いお獅子様はかつては家内安全を祈願して各家庭を回っていました。境内に続く階段は3つあります。


7. 中間温泉跡

ボタ山が自然発火し、雨が降って水が温まったものを集めてお風呂にしたそうです。建物は現在も残っています。 ※ボタ山…石炭を選炭した時に出る石や質の悪い石炭のことを「ボタ」といい、これが積み上げられて山になったものをボタ山と呼びます。







spacer トップにもどるぬん