中間市観光案内 | なかまっぷ ロゴ 中間市の歴史文化 中間市の史跡・名所 中間市内のカフェ、お食事処、ショップ情報 なかまフットパスについて 中間市の世界遺産について 中間市観光案内のトップページに戻る
メインメニュー

中間市土手ノ内にあるカフェ
「修ちゃんたちの」はかき氷から始まった。


世界遺産「遠賀川水源地ポンプ室」から直方方面へ少し歩いたところにお店をかまえる「修ちゃんたちの」は、ちょっと変わった店名と可愛らしい外観が印象的。創業当時はかき氷専門店として、多くのお客様に愛されてきた。

「一年中美味しいスイーツを楽しんでもらいたい」
新鮮ジェラートや新食感パンケーキを開発。




ふわふわで見た目も可愛いかき氷を出すお店として人気だった「修ちゃんたちの」。しかし、修ちゃんことオーナーの久野修平さんは、「もっと沢山の方にいつでも立ち寄ってもらいたい」という想いから、県内外の有名スイーツ店の視察を始めた。どんなスイーツが人気なのか。どんなフレーバーがトレンドなのか・・・。久野さんは研究に研究を重ね、「修ちゃんたちの」をかき氷だけでなく春夏秋冬いつ来ても楽しめるスイーツ店へと進化させたのだ。そして今もなお、日々試行錯誤しながら新メニューの開発に取り組んでいる。

試行錯誤の中で生まれたメニューはどれも斬新。


巷で話題のトレンドスイーツ

ふわふわでインスタ映えすること間違いなしのかき氷の秘密は「氷」。薄くふわっとスライスされた氷はとても軽やか。ミルク入りの氷だから、氷の一粒一粒が濃厚で口の中に味わいが広がる。今までの「かき氷」の概念を覆すかもしれない。



種類も豊富!
旬でフレッシュな絶品ジェラート


ジェラートは鮮度が命。あまおう苺や葡萄、味宝卵など地元の農家から仕入れた食材を使っているため、とにかくフレッシュなジェラートが食べられる。



メレンゲで仕上げた
ぷるんぷるんのパンケーキ


「夏だけでなく、一年中楽しんでもらいたい」そんな想いで登場したこのパンケーキ。生地にメレンゲを加えて焼き上げたその食感は、食べた人にしか分からない。









修ちゃんと、修ちゃんをとりまく仲間の
想いが詰まったカフェ



「修ちゃんたちの」は、スイーツ愛に溢れたオーナー「修ちゃん」と、修ちゃんたちをとりまく素敵なお友だち、そして地元農家、卵屋との輪によって完成した、まさに修ちゃんたちのカフェ。遠賀川水源地ポンプ室の見学や遠賀川でのフィッシングの合間に、通勤通学やウォーキングの途中に、気軽に立ち寄って下さい。




かき氷&カフェ 修ちゃんたちの

中間市土手ノ内1-23-20
電話:093-980-8008
定休日:火曜日
※ 7.8月は無休

営業時間:11:00~17:00
※ 7.8月は11:00から18:00

座席:店内 10席 / テラス 12席
駐車場:7台